低酸素脳症で障害基礎年金1級をもらったケース

相談時の状況(50代・男性) 

外出先で倒れており、意識不明のまま救急搬送され、そのまま入院が続いている状態でした。
ご家族が知り合いからアドバイスを受け年金を申請しようと思い、ご来所されました。
ある日突然倒れてしまわれ、ご家族は対応することで精一杯の日々のようでした。
気づいたら医療費が膨大にかかる現実が目の前にあり、とても混乱されていることがわかりました。

社労士による見解

お話で認定日の特例に該当すると判断し、早急に申請するようにしたいと思いました。

受任してから申請までに行ったこと

医師へは、診断書を特例に該当ための説明をして作成を依頼し、ご協力をいただきました。
特例の認定日で申請をいたしました。

結果

無事に障害基礎年金の1級に認められました。 
今回請求した方は、ご本人も予期せずに倒れられ入院されております。健康を自負されており、ご病気に対する備えはあまりされていなかったようです。社会保障の基盤である障害年金は本当にありがたいものです。
申請から3月経たず受給ができました。今回の日本年金機構は、びっくりするくらい早い決定でした。
一般的には、認定まで3.5月、初回の年金の支払まで50日と言われています。
思っていたより早く受給して頂けて本当にうれしく思います。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付