双極性障害により障害基礎年金2級をもらったケース

相談時の状況(30代・男性) 

高校の時から発症し病院を受診していました。
専門学校を卒業後に就職しましたが、仕事をすると無理をして働くためにすぐに体調を崩してしまい、退職と転職を繰り返していました。
一人暮らしをしていましたが、食事や掃除などの家事ができず自立した生活とはほど遠い状態で相談にみえました。

社労士による見解

障害者手帳の2級を持っていることや日常生活の様子から障害年金の2級相当に該当すると思いました。初診は10以上前になるので初診の証明を取るのが難しいと思いました。

受任してから申請までに行ったこと

症状をしっかり聞き取り、症状に合った診断書を作成していただくよう医師に伝えましたが、症状より軽い診断書でした。うつ病によって日常生活にどれほど支障があり、うつ病により仕事が出来ない状態であることを申し立て以外でも分かるように書類等を揃え申請しました。

結果

無事に障害基礎年金の2級に認められました。本当に良かったです。
 
今回の申請では、医師の作成した診断書は実際の症状よりずいぶん軽く書かれていました。診断書だけでは不支給になってしまう可能性がありましたので、ご本人様の病歴の申立書で症状をしっかり訴え、日常生活に支障があることが分かる客観的な証拠を用意しとして提出しました。
無事に年金が受給できて本当に良かったです。精神障害の審査には都道府県によってばらつきがあると言われています。
この仕事でたくさんの方の診断書を見せて頂いていますが、医師によっても診断書の書き方に大きな差があると感じています。障害を持ってしまった方が公平に審査されるように。医療機関もガイドラインを理解して診断書を作成して頂きたいと思います。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付