うつ病より障害厚生年金2級をもらったケース

相談者:40代 女性
傷病:うつ病

相談時の状況

10年以上前、夫からのDVがあり友人にも相談できずに一人で我慢していたそうです。

それをきっかけに体調を崩し仕事にも行けなくなってしまいました。通院治療を受けていましたが、頭痛や食欲不振、吐き気、めまいなどの症状があり、倦怠感が強く起き上がれないようになってしまいました。

相談当時通院していた病院の医師がなかなか症状を理解してくれないようでとても苦しそうでした。

社労士による見解

生活のため仕事をしなければいけないと思っても仕事をすることができず、辛い思いをしながら生活されていました。

子供さんもいらっしゃるので不安定な生活に不安を抱いていらっしゃいました。症状を詳しく聞き取り年金請求ができると思いました。

受任してから申請までに行ったこと

相談当時通院されていた病院の医師に障害年金について相談をしても理解がなく診断書を書いてもらえませんでした。
仕方なくセカンドオピニオンの受診を勧めました。
セカンドオピニオンの病院は症状を十分に理解して診断書を書いてくださいました。通院に数か月掛ったため請求が遅れてしまったのが少し残念でした。

結果

障害厚生年金の2級に認められました。
子の加算金も付き年間140万円の年金額になりました。安心して療養に専念して欲しいです。

障害年金で診断書作成依頼を医師に頼んでも書いてもらえないことがあります。短い診断時間で患者さんの症状が分かってもらえなかったり、障害年金に対して理解がないこともあります。この仕事をしていると障害年金を受給できるようになると、症状が改善される方がとても多いと感じています。障害年金が請求できる症状である場合には、症状にあった診断書を書いて頂きたいと思います。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付