慢性腎不全で障害厚生年金2級を取得したケース

相談者:40代 男性
傷病:慢性腎不全

相談時の状況

慢性腎炎を長く患っていいて、人工透析を開始する前に相談にみえました。
聞き取り内容から初診の証明を取るのが難しいと思いました。

社労士による見解

人工透析を開始するまでに受診状況等証明書に代わるものを用意する必要があると思いました。

受任してから申請までに行ったこと

あらゆる角度から検討した結果、今回の申請のポイントは、初診の証明をしてくれる適正な人を探すことでした。

結果

障害厚生年金の2級に認められました。

障害年金請求についてよく理解し、第三者として証明してくる人を見つけることができたことが、年金受給につながったと思います。人工透析をしていて、障害年金の受給をあきらめてしまったいる方も是非一度専門家のご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付