うつ病で障害厚生年金3級を取得したケース

相談者:30代女性
傷病名:うつ病

相談時の状況

朝起きられない、体が怠くてやる気がでない症状があり、
仕事ができなくなってしまいご主人様と一緒に相談に見えました。

社労士による見解

少し無理をして働くと体調が悪くなり仕事に行けなくなってしまうようでした。
ご主人様が食事や掃除、洗濯等の家事をやっていらっしゃいました。
奥様に療養に専念してもらうためにも障害年金の請求を勧めました。

受任してから申請までに行ったこと

初診からは2年半しか経過していないことや
認定日の時も仕事ができる状態ではなく
現在の症状とほとんど変わらないことから認定日請求を勧めました。

結果

障害厚生年金の3級に認められ、年間585,100円を給することができました。
認定日に遡って58万円の支払いもありました。

 

うつ病などで休職している方から
「働きたい気持ちがあり、家で療養しているのが悪いような気がして
無理をして働きに出てしまい症状が悪化してしまった」という話をよく聞きます。

ご家族に医療費の負担を掛けて申し訳ないと思い続け
その気持ちが症状を悪化させてしまうこともあるようです。

無理や遠慮をしないで療養に専念していただくためにも障害年金の制度を活用してください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付