脊髄小脳変性症による受給事例

相談時の状況

足の運びが悪くなり、転ぶようになったのがきっかけで病院を受診したところ、難病である脊髄小脳変性症と診断され相談にみえました。

社労士による見解

補助具がないと歩けない状態から障害年金2級相当に該当すると思いました。

受任から申請するまでに行ったこと

生活状況を聞き取とり、日常生活にどれだけの支障があるのかを医師に手紙で伝えることにより、障害の状態に合った診断書を作成してもらえました。

結果

無事に障害厚生年金2級に認められました。

認定日に遡及して受給できたので本当によかったと思いました。

 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付