受給事例

多発性硬化症で障害厚生年金3級を受給したケース

金額:年額 585100円
年齢:50代 男性(Sさん)
仕事:軽作業(障害者枠)
制度:厚生年金

状況:

Sさんはある時から体にしびれを感じるようになりました。最初は指先だけでしたがやがて体のあちこちに広がっていきました。病院では異常がないと診断されましたが転院を繰り返した結果、4軒目でようやく多発性硬化症と診断されました。障害年金の申請が出来ないかと言うことで、当事務所に相談にみえました。

プロの目線からチェック!:

Sさんの症状を詳しく聞き取りました。①しびれの他、視力や筋力にも異常が出ている②特に左足に脱力があり、時々歩行に杖が必要であることから、明らかに労働に支障が出ており3級相当に該当すると思われました。当事務所で申請をしたところ、Sさんのご希望通り、働きながら3級の年金を受給することが出来ました。