受給事例

糖尿病(両足切断)で障害厚生年金1級を受給したケース

金額:年額 2116511円
年齢:50代 男性(Tさん)
仕事:会社員 (休職中)
制度:厚生年金

状況:

Tさんは糖尿病を患っており、過去には人工透析による2級の障害年金を受けていました。その後、腎移植を受けたことで透析は終了し、障害年金は停止している状態でした。その後、急激に症状が悪化し、数か月の間に右足、左足と切断することになりました。停止している年金の復活ができないか、ということで当事務所に相談がありました。

プロの目線からチェック!:

Tさんのケースでは、①停止している障害年金の再開②等級増進による額改定という二つの手続きが必要でした。①については右足を切断した時点から、②については両足切断の時点から行うという、少し複雑な手続きでした。当事務所でスムーズに申請を行い、ロスのない受給が可能になりました。。